さて。
UV徹底対策も3回目。
今回は
浴びてる最中どうする?
です。
IMG_4979

もちろん、日焼け止めを塗って出掛けるのは当たり前なんですが、1番大切なのは
こまめに塗り直すことなんです。
汗・水・皮脂に強いウォータープルーフタイプと書いてあっても、塗り直す!

そのために私は日焼けするイベントの日は思い切って
ファンデーション(ルーセントパウダー)は塗りません。メイクはポイントメイクだけ!!
汗・水・皮脂に強いとはいえ、汗をかけば自然に手で拭ったりタオルで拭いたりします。その時にやっぱり日焼け止めが取れたりヨレたりしてしまうんです。
そうなるとその部分はムラムラに日焼けしてしまうし、紫外線ダメージを受けた分だけシミ・シワが出来てしまいます。

だから塗り直しが必要なんです。
ファンデーションを塗らない分、見た目は「………」になりますが、それもこれも
未来の自分の肌のため!
うっかり浴びた紫外線ダメージで一生物のシミ・シワを作らないためです!

次に
サングラスは出来る限りした方が良いです。
目を紫外線から守るというのもありますが、紫外線は目からも入ってくるそうで「眩しい!」と感じると肌を守るために脳が「メラニンを作れー!」と指令を出すんだそうです。

あ、あと日傘では紫外線は完璧にカットできないので日傘をさしていても日陰にいても、日焼けは塗る・塗り直すようにしてください。
紫外線には「照り返し」があるので真上から注ぐ紫外線以外からも肌を守ってあげる事が必要になります。

そして、日焼け止めを塗る時に忘れがちな
耳や耳の裏も忘れず日焼け止めを塗ること。可愛いピアスやイヤリングを着ける耳にシミ・シワが出来ないようにしてあげてください。


そして、
唇にもシミができます!
だからUVカット効果のあるリップクリームをまめに塗り直すのをめちゃくちゃおすすめします!
唇の日焼けを放っておくとシミが出来る前に唇の色が濃くなってしまって口紅の発色が変わることも。唇の色が濃くなると、特に薄い色の口紅やグロスなどは唇の色が透けてしまいイメージ通りの色が出なくなります。
だから、もう一度言います。
UVカット効果のあるリップクリームをまめに塗り直してください!

まとめると
・ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使う
・日焼け止めはまめに塗り直す
・塗り直すために当日はファンデーションは塗らない
・サングラスをする
・日傘の下や日陰にいても紫外線の照り返しがあるので日焼け止めは忘れずに
・日焼け止めは耳や耳の裏まで塗る
・UVカット効果のあるリップクリームを使い、まめに塗り直す
こんな感じです。

以上のことを私は毎回真剣にやるのでお日様の下で遊ぶとなるとなかなか大変なので(海や屋外プールなんかは特に)自然と足が遠のき、ますますインドアな遊びばかりするようになってしまったんですけどね……笑

あと、今は環境問題で日焼け止めの成分が海水に溶けて海の生物に影響があるというのも聞いて、ますます私みたいな人間は海に行かない方が良いんだろうな、とも思いました…。自然大好きなのに自然と仲良くなれない人間です…でも仕方ない。肌も海洋生物も、どっちも捨てられないから行かない事にしています。(行ったら海に入るのを我慢できる自信もないので)

まぁ、海や川だけでなく、一日中外にいる日にはとにかく紫外線ダメージから肌を出来る限り守るようにして、一生付き合っていくお肌が少しでも長く良い状態でいられるように気をつけています!!

これからの紫外線が強くなる季節の参考になれば嬉しいです!